2017-03

Latest Entries

訃報

マツダワークスドライバー、片山義美さん亡くなったそうだ・・・。

ツーリングカーレースや

ル・マン24時間などのさまざまなレースで活躍し、

一時代を築いたドライバーです。

1940年5月15日生まれで兵庫県出身。

61年に二輪ロードレースへとデビューすると

同年のスズキワークス時代には

ロードレース世界GPの50ccクラスで

シリーズ2位という成績を残すなど

当初はライダーとして活躍

64年にはマツダと契約し

第2回日本グランプリで四輪レースデビューを果たす。

80年代から90年代初頭には

グループCカーでの開発にも携わり

ル・マン24時間レースにも参戦していた。

心よりご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

ル・マン24H

第83回ル・マン24時間耐久レースは14日

チェッカーフラッグが振られた。

ポルシェ919ハイブリッドと

アウディR18 e-トロン・クワトロの

ドイツ勢による骨肉の争いは、

最終的にほとんど大きなトラブルに見舞われなかった

19号車ポルシェが制し、優勝を飾った。

日本勢は散々な結果に終わった!

今年も、トヨタはダメだったか!

残念です。

訃報。

全日本F2選手権などで活躍した

日本を代表する

レーシングドライバー、

松本恵二さんが17日に亡くなったそうだ

65歳。

松本さんは1949年12月26日生まれで、

星野一義や長谷見昌弘、中嶋悟とともに

全日本F2選手権やGCなどで活躍した。

79年には全日本F2チャンピオンを獲得、

83年には富士GCチャンピオンに輝いている。

ご冥福をお祈りします。

HONDA F-1

まさかの、予選最下位!

2015年F1開幕戦オーストラリアGPで

最下位となった新生マクラーレン・ホンダ。

これまでは条件の異なるテストで

純粋な速さがはっきりと見えなかった

最下位という結果でパフォーマンス、

そしてポジションが明確になったようだ。

どうする?

対策はあるのか?




そして、C・サインツがF-1デビュー!

父親は2度WRC(世界ラリー選手権)を制した

名ドライバーだ!

トヨタでも走ってたよね!

ニコ・ロズベルグ!

彼もまた、2世ドライバーだ!

1982年のF1チャンピオンであるケケ・ロズベルグを父に持つ

蛙の子は蛙だね。

今日は

休日出勤出勤でした

1日仕事かと思ってたけど

半日で、なんとか終わりました^^。

今日は、暖かで穏やかな日です

今夜もバイトだから

昼寝でもします。




F1のヘレステストが終了した。

マクラーレンホンダの内容を見ると

信じられないほど厳しい感じだ。

1日目と2日目を通じ満足に走れず

両日共に6周出来たのみで

大半の時間をピットの中で過ごすことに。

かろうじて記録できたタイムは

勝負になるとかならないのレベルでなく

「流しただけ」だった。

大丈夫か?

あの、黄金期の強いマクラーレンHONDA

復活はあり得るのか?



1994年5月1日。

偉大なレーサーが亡くなった。

アイルトン・セナ・ダ・シルヴァ!




今後、彼を超える

ドライバーは出てこないだろう!




彼は、天才だ!

人は、セナは危険なドライバーだという

でも、私はそうは思わない。

どんな時でも

常に、NO1を目指す

誰よりも早く走る

それが、レーサーの本能だ!

だから、接触も多かった。

A・プロストや、N・マンセル、M・シューマッハ等に

ぶつけられたこともあった!




セナが生きていれば、

今年54歳。




事故に 遭っていなければ、どんな記録を打ち立て、

引退後、どんな第二の人生を送っていたのだろうか

それはだれにもわからない。




ただひとつ言え ることは

私の心の中で、

セナはいまも生き続けているということだ。




そして、それは30年後も40年後も、変わらないだろう。




アイルトン・セナ・ダ・シルヴァ

永遠なれ!




それと、もう一人セナと同じ日に

亡くなったドライバーがいる。




ローランド・ラッツェンバーガー。

彼は、日本でもレースをしてたんだよね。

私は、覚えている!




オーストリア人のR.ラッツェンバーガーは

1983年にドイツ・フォーミュラ・フォードでデビュー。

その後、イギリスF3とツーリングカー選手権を経て

1990年に来日。全日本F3000で活躍した後、

シムテックと5年契約を結び、1994年にF1デビューしたが・・・。




R.ラッツェンバーガーと同時期に

日本でレースを戦った

親友のジョニー・ハーバートは




「ローランドはほぼ忘れられている。

僕はアイルトンの週末だとは絶対に言わない… 

アイルトンとローランドの週末だったんだ。

絶対に忘れないし

他のみんなにも忘れてほしくないんだ

ローランドはF1ドライバーになるために

すごく頑張っていた。本当にいいヤツを亡くしたんだ」と

その死を風化させないと誓っているそうだ。




ローランド・ラッツェンバーガー

永遠なれ!




確かに、F-1では1994年以降

安全性も高くなり

死亡事故は起きていないが

オートバイのレースでは

日本人が亡くなったし

アメリカでも、日本でも・・・。



今後、この様な

悲しい事故がないことを

心より祈ります!

どうなる?今季のF-1!

今季F1マシンの速さについて、

小林可夢偉(ケータハム)が

「F1のレベルじゃない」と語ったらしい。




F1は今季からV6ターボエンジンへ移行する

また、熱エネルギーと運動エネルギーを回生する

ERS(運動エネルギー回生システム)を導入するなど

大幅にルールが変更され、そのため

1回目の開幕前テストではトラブルが連発

昨年より大幅にタイムが落ちただけではなく

まともに走れないチームも多かったみたい。




先週にバーレーンで行われた2回目のテストで

総合トップになったニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が

記録したタイムは、昨年のバーレーンGPで

記録されたポールポジションのタイムからわずか

1秒遅れだ。




しかし、王者レッドブルを含め

ルノー製のパワーユニットを搭載するチームは

バーレーンでもトラブルに苦しめられた。




可夢偉が所属するケータハムも

ルノーエンジンを搭載しているが

予算規模の小さい同チームにとって

新パワーユニットのトラブル対応と

新ルールへの対応という2つの課題を

同時進行することは特に難しいみたいだ。

F-1

フジテレビが2014年も

F1をCSのフジテレビNEXTで

全セッション生放送すると発表そうだ。

また、昨年に引き続き『BSフジ』では

予選と決勝が放送されるが

残念ながら地上波の復活はなかった。



一昨年から、地上波放送がなくなり

CSでの全セッション生中継と

BSの無料放送という体制に

移行したフジテレビのF1中継。

今年は小林可夢偉がケータハムから

F1へ復帰することに決まったけど

昨年の体制をそのまま引き継ぐ形となった。



私の家では観れない。

ザンネ~ン!

祝!小林可夢偉!!

2014年のF1GPに

日本人ドライバーが戻ってくる。

小林可夢偉がケータハムと契約し

2年ぶりにF1の舞台に復活する。

可夢偉は、これまでの経験を生かして、

ケータハムをけん引し

チームが掲げる目標達成に挑む。



最近は地上波で中継がないので

ケータハムというチームをよく知らないが

HONDAも復帰するし

是非、放送して欲しいものだ

地上波で!

佐藤琢磨!

ミシガン州デトロイトのベル・アイル・パーク市街地コースで

開催中のインディカー・シリーズ第6戦は、レース1の決勝を1日に実施された。

ガス欠に見舞われた佐藤琢磨は年間ランク4位に後退している。

予選8位の琢磨は7番グリッドからスタートし

トップ10圏内でレースを進めていたが

最初のピットタイミングと目された25周目頃にコース上で立ち往生。

これはガス欠によるもので、「『次の周にピットイン』と無線で指示を受けていたが、

『もう1周いける』と指示が変わった」(琢磨)という状況で、

ピットの痛恨の計算ミスだったらしい。戦線復帰は果たしたものの、

19位という結果に終わった琢磨は「明日のレース2に向けて

(マシンを良くするために)周回を重ねた

終盤はいいペースで走れたけど

まだトップグループとの間には差がある。

ただ、今日以上の走りを実現するためのデータを集めることはできたと思う」と、翌日の逆襲を誓う

レース2の予選結果は21位と苦しいが、シリーズタイトル争いのためにも上位でフィニッシュしたいね。

«  | ホーム |  »

フリーエリア

プロフィール

小判鮫のコバンちゃん

Author:小判鮫のコバンちゃん
FC2ブログへようこそ!
働くお父さんの独り言。
愚痴、文句につぶやき、
自転車や、畑と野菜に葡萄と猫
雑談、バイクやスポーツ・・・
作レポに食べログ
などなど色々と
とにかく、ジャンルは関係なく
だらだら書いてます!
誤字脱字は勘弁して^^。
相互リンク募集中です!
よろしく!

 

最新記事

最新コメント

リンク

 このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

小判鮫の独り言

 

検索フォーム

 

 

天気予報

 


-天気予報コム- -FC2-

 

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

QRコード

 

QR